ブログ

2022.8.9

「つくばのリノベ」瓦屋根と黒い板壁が良い感じに納まっています。

内部は塗装の下地処理の工程、このパテの模様もアフリカの民家のようで
なかなか魅力的。(^^)
天井の形状が変化しながら奥へ空間がつながって行く様子が確認でき満足。

白塗装の下塗りが終わった部屋はやはり明るい印象ですね。

帰り際にクライアントさんが特製杏仁豆腐を持たせてくれました。
上品で爽やかな味、とても美味しく頂きました。
ご馳走さまでした!

Category
つくばのリノベ現場ブログ
Tag
2022.8.2

先日友人にランチにお誘い頂き参加して来ました。
コロナ下でなかなか夜は出歩けませんが、
風吹き抜ける芝生の上での会食はとても心地よかったです。

レトロ可愛いかき氷機、富士山マークがたまりません。

こちらはピザ窯で焼いたソーセージピザ、絶品でした!
仕事を通して知り合った10年来の年上の友人、
なんでも自分でつくってしまい(ガレージ、テーブル、薪小屋、ピザ窯etc)
誰に対してもオープンに振る舞う。
素敵な生き方をしているなぁ~と思います。
照れからか口も悪いのですが不思議と嫌味がありません。
色々と見習うべき点も、そうでない点も(笑)ある魅力的な人。
仕事を通していろいろな人と出会い、いろいろな話を聴ける
本当に幸せな事です。

Category
その他
Tag
2022.7.29

時間が空くとたまに哲学の本を捲ります。
そこに”真理”がある、などとは一切思っていませんが(笑)
偏屈そうな面構えの大の大人(哲学者)が自分の人生のほぼ全てを投げ打って
紡いだ言葉による~大いなる仮説~はやはり面白いです。
エンターテイメントとして哲学書を読む、などというと怒られてしまうかもしれ
ませんが、何千年前から営々と紡がれてきた言葉による自己表現のドツキ合い。
今はやりの”論破”などとは桁違いに深く面白い世界です。
ニーチェ、サルトル、レヴィストロース、ラカン、
ポートレートを眺めてみると歴代インテリマフィアのドンかというような面構え。
落語家の立川談志さんは「芸」を「己のエゴの完遂」と定義していましたが
哲学の世界も近いものがあるのでしょうね。
日々のルーティーンに少し飽きて来たな、という時は癖の強い哲学書がお勧めです。

Category
Tag
2022.7.27

プランを練っている時に、殴り書きでも良いので外観パースと内観パースを
同時に描くようにしています。

外からは視線の抜けを良くしたいので窓を大きくしたい、でも内部からは
壁が少なくて空間に落ち着きがないなぁ~!
などと心の中で呟きながら(実際に呟くと危ない人と思われるので)内外の
一番良いバランスを探ります。
とても難しく大切な作業ですが、パースを描きながら「窓台はやはり750mm!」
などと(心の中で)呟きながら検討を重ねるのは設計者にとって幸せな時間です。
迷ったらまず描いてみる、手を練る、これが基本となる大切な作法です。

Category
手描きスケッチ
Tag
2022.7.23

事務所のお昼「シラスと生クリームのパスタ」
ニンニクをオリーブで炒めてから生クリームを加えるとコクがでて美味しかったです。

こちらは息子がつくった「ミートボール&ソーセージのトマトパスタ」
小学校の頃からつくっているので大分手慣れて来ました。
ただ料理をつくって食べるだけ、それだけでとても豊かな時間になります。

Category
料理
Tag
2022.7.21

「つくばのリノベ」内部のボード張りが進み室内の光の
広がりが分かるようになって来ました。
コツコツと丁寧に仕事を進めてくれている大工さんの背中です。

Category
つくばのリノベ現場ブログ
Tag
2022.7.15

久しぶりに川村記念美術館へ。
フランク・ステラなどの企画展も良かったのですが、
常設展もレンブラント、モネ、ルノワールからマレービッチ
ブランクーシ、ロスコ、キース・へリングの代表作が並んで
おり改めて凄い美術館だなぁと実感しました。
ロスコルームに佇んでいると京のお寺で庭園を眺めている時と
同じ心持になるのはなぜなのでしょう・・・

この美術館は交通の便が良くないのであまり混雑せず、建物や敷地の
環境も素晴らしいのでゆっくりと過ごせます。
今回は行けませんでしたが別棟レストランのトマトソースのリングイネ
がとても美味しいのです、次回リベンジしたいと思います。(^^)

Category
美術・展示会
Tag
2022.7.13

計画中の店舗の模型づくり。
平面で練っていた計画を立体に起こすのは純粋に楽しい作業。
模型をつくりながら雨樋の処理や、外壁コーナー部の納まりなど
細部についても並行して検討。

Category
その他
Tag
2022.7.11

「つくばのリノベ」外壁の板張りがほぼ完了、
既存の屋根瓦と板張りの外壁が良い塩梅。

「甍の波」
耐震やコストの面でなかなか使えないのですが、こうしてみると
本当に美しい素材、機会があれば使って行きたいなぁ・・と思いました。

ラボ部分のヴォールト天井と既存の梁、梁は黒のカシュ―塗装とし
抽象画のようなシュっとした仕上がりを狙っています。

周辺の環境が良いと窓からの風景が豊ですね。

Category
つくばのリノベ現場ブログ
Tag
2022.7.9

ずっと気になっていた開化堂の茶筒を手に入れました。
経年変化の美しい錻力でつくられた円筒形の端正なフォルム、
朝この茶筒からほうじ茶をいれてほっと一息・・・そんな情景が浮かびます。(^^)

Category
身の廻りのモノ
Tag