ブログ

2021.7.23

世間はお休み、
そんな時こそ事務所でじっくりと仕事に没頭。
今日は計画中のお店の看板ロゴデザインを
ああでもない、こぉでもないと・・・
ここで一句

看板の ロゴのフォントが 決まらない。

こんな合理性からも経済性からも
離れた密やかなひと時、
それが設計者にとっては至福の時間なのだと思います。

Category
その他
Tag
2021.7.18

ヴィム・ヴェンダース監督「ベルリン天使の詩」
冒頭に読まれる詩が好きで、たまに観返したくなる映画です。

子供は子供だった頃
腕をブラブラさせ

小川は川になれ 川は河になれ
水たまりは海になれ と思った

子供は子供だった頃
自分が子供とは知らず
すべてに魂があり 魂はひとつと思った

子供は子供だった頃
なにも考えず 癖もなにもなく
あぐらをかいたり とびはねたり
小さな頭に 大きなつむじ
カメラを向けても知らぬ顔・・・

また刑事コロンボで有名なピーターフォークが
本人役で出演しているのですが、まさに元天使という雰囲気があり
素晴らしい役どころ、こんな天使がいたら安心してしまいすね。

Category
手描きスケッチ映画
Tag
2021.7.14

岡倉天心の「茶の本」
久しぶりに読み返してみました。
建築家フランク・ロイド・ライトがハッとしたと読んだ
というのは道教、老子の思想を紹介した部分でした。

「建物の現実は四方の壁と屋根からなるのではなく、
        その中に住む空間から成るのです。」

西洋に対する東洋の文化、道教から禅への繋がりから
利休の最後まで、薄い冊子ですが底の深い本です。

Category
Tag
2021.7.12

「豆と暮らしと」屋根も葺き終わり、伸びやかな佇まいが立ち上がって来ました。

屋根板金の先端を折り曲げる事で、軒先のラインが切れ味良く走ります。

切妻屋根のシンプルなフレームが綺麗に並びます。
やはり架構が合理的で美しいと現場にリズムが生まれますね。

棟梁が番付された木枠を加工中。
職人さんの後ろ姿と、木材に白墨で書かれた文字、絵になりますね。

Category
豆と暮らしと
Tag
2021.7.7

ono設計室は様々な方に支えられて本日で7周年を迎えました。
建築士事務所登録の届け出をしたのが7年前の7月7日。
これだけ7が並ぶと今日はなにか良い事がありそうな・・(^^ゞ

こうして振り返ってみると、コツコツと丁寧な仕事ができたなぁと思います。
今後も”建築”を楽しみながら良い仕事を続けて行きます、
引き続き宜しくお願い致します。

Category
その他
Tag
2021.7.5

フランク・ロイド・ライト「ロビー邸」をトレーススケッチしてみました。
ライトが手掛けたプレイリーハウス(草原の家)の中で最も有名な住宅、
片持ちで水平に伸びて行く深い軒のラインが印象的な住宅です。

そもそもプレイリーハウスとはどんな家?
当時アメリカで建てられていた背の高いクイーン・アン様式、西洋風のヴィラなど
はライトにとってアメリカの大地に相応しくない家でした。
もっと大地と結びついた”単純性”のある住宅を、と設計されたプレイリーハウスは
次のような特徴を持っています。

・無駄な高さを生む屋根裏部屋、地下室を削り、地表と結びつき水平に伸びる。
・暖炉を家の中心に据え、そこから空間が伸びて行く”オープンプラン”。
・居間食堂を2階へ上げてプライバシーを確保。
・外部空間へとつながるスクリーンとしての壁。
・建物と合わせて計画された家具、外構、植栽が生む”一体感”

東西に長い敷地一杯に建てられた「ロビー邸」
トレースしているといろいろな興味深い点が浮かび上がってきます。

・ゾーニング
南側と北側に二つの寄棟屋根が掛けられているのですが、

南側:プレイルーム・リビング・食堂etc    メインの部屋(仕えられる空間)
北側:暖房室・ランドリー・台所・使用人室etc 裏方の部屋 (仕える空間)

という明快なゾーニングとなっています、「ひとつの屋根にひとつの用途」
ルイス・カーン”サーブドスペース” ”サーバントスペース”と同じ概念です。

・構造
この家のメインの構造はなんとレンガ造、
耐火性が欲しいという要望に応えてのものですが、プレイリーハウスの理念、
「外部とつながるスクリーンとしての壁」を実現するためにとても興味深い
構造となっています。
それが「3枚おろし」の構造、
図面に引いた緑の線、外周面よりひとう内側のラインにレンガの太い柱や
厚い壁を設けここで荷重を受けています。
構造的な負担を軽減された外周面は組積造でありながらガラスを多用した
開放的な壁、カーテンウォールのような扱いが可能となっているのです。
またライン上には屋根裏を鉄骨の梁が走っており、ここから屋根をキャンティ
レバーさせる事で水平に走る庇と深い軒の出を実現させています。

・意匠
中心にある暖炉から伸びる垂直な煙突の壁のライン、
そこから対比するように水平に伸びて行く屋根のライン、
立面図をトレースしていると軒先から、窓割り、基壇や笠木の一直線に伸びてゆく
バンド、これでもかというほど水平のラインが強調されているのが分かります。

また二つの屋根を平行に配置する事でどうしても生まれてしまう”谷”の部分、
苦し紛れに雨水逃げの開口を空けていたり、
庇を突き出すために屋根の隅木を角柱からずらして処理していたり、
意匠を実現するために苦心惨憺している設計者の姿も垣間見え
なぜだかほっこりしてしまいます。

正直最初にこの家の平面図を眺めた時は、さほど流動的なプランとも思えず、
ステンドグラスの濃密なデザインなどから、漠然とオールドスタイルの家という
印象でした。
しかし本を読み、図面をトレースをしながら設計手法や思想を探ってゆくと

・あたらしい明快なゾーニング
・カーテンウォールを生みだす新しい構造
・水平・垂直で構成された斬新な意匠

凄いものがグッと詰まった傑作である事が理解できます。
ライトの師匠にあたるサリバンは建物の表層を”単純化”し引き伸ばした建築家、
ライトはそれを空間という次元で達成した天才です。

またちょっといたずら、という訳でもないのですがロビー邸を面の構成として
抽象化してゆくとどうなるのか、簡単なアクソメを描いてみました。
こうしてみると、後のミースやリートフェルトの建築、デ・スティル運動へ
つながってゆく構成の萌芽を見ることができます。
奥の深い住宅ですね。

最後にライトが読んだ時に頬を打たれたような思いがした、という
岡倉天心「茶の本の」一文を

 ひとつの部屋の実体は、
 屋根と壁によって囲み取られた空間にこそ見出されるべきものであって、
 屋根や壁そのものに見出されるべきものではない。

Category
フランク・ロイド・ライト手描きスケッチ
Tag
2021.7.3

最近ライトの本や図面を見返しています。
この本ももう10年程前に手に入れた本なのですが、ライトの圧倒的な
デザイン密度に対するアレルギーからなかなかきちんと読めずにいました。
ただ、ライトの基本的な設計にたいする考え方を理解した上で読み返すと、
とても良くまとまった分かりやすい本でした。
またライト手描きのパースや家族への手紙など、袋とじになった付録が
たくさん入っていて、飛び出す絵本を読んでいる時のようなワクワク感
があります。

コルビュジェやミースに比べて近寄りづらい印象のあるライトの建築。
図面の奥にある設計手法、思想などを探ってゆくと、
建築の本質、「種」のようなものを常に意識していた、骨太で普遍的な
建築家であった事を今更ながら再確認することが出来ます。

Category
フランク・ロイド・ライト
Tag
2021.6.30

「かこむ、暮らす。」気持ちの良い青空の下、地鎮祭を執り行いました。

神主さんの祝詞、「よぉぉ~~!」という声を聞いて不思議そうな娘さん。
「あのおじさんなんでさけんでんだろ、ちょっと怖い」(笑)

旦那さんの後に、お母さんと3人で仲良く鍬入れの儀式。
ほっこりとした良い地鎮祭となりました。

Category
かこむ、暮らす。現場ブログ
Tag
2021.6.28

あたらしい計画「かこむ、暮らす。」が動き始めました。

クライアントさんに事務所に遊びに来て頂いたのがちょうど1年程前。
ヒアリングシートを手に現地を訪れると、
東西を4階建てのマンションで挟まれた敷地。
周囲の様子を観察しながら考えたのが以下の点

・マンションからの視線を防いでプライバシーを確保せねば。→「かこむ」
・南東へ空が抜けているので日照は確保できそう。
・周辺に緑が少ないため「庭」をつくって心地よい場所へ。→「暮らす」

何度も手を練ったプランの変遷を少しおさらい、

プランA
まずは南東に開いたオーソドックスなL型プラン。
リビングの開口を南へ開き、南北方向へ寝室郡を伸ばしています。

プランB
水廻り、ガレージの位置を反転してみると・・・

プランC
南側が少し解放的すぎるような、和室を突き出して囲ってみよう。

プランD
どうせならぐるりと囲ったコートハウスに!
なかなかいいぞ(^^)(最終案に近いかたち)

プランE
D案のキッチンとソファを動かすとどうか・・・中庭との関係がイマイチ

プランF
少し角度を振ると動きがでるか・・・明らかにやりすぎ(^^ゞ
いろいろやったけどプランDの方向でプレゼンをまとめよう!

こんな風にぶつぶつと独り言をいいながら黙々とプランを詰めて行きます。

コの字型のコートハウスからカーポートが突き出た外観、
水平方向に伸びやかな屋根の形となりました。
寄棟屋根の低い軒がぐるりと廻る事で、周囲からの視線を防ぎ、
中庭をとおして空と緑とつながる落ち着いた住まいの計画に。

リビングの壁を一部斜めにする事で空間に奥行きと動きが生まれます。
中庭を囲む板張りの外壁が「緑」を引き立てるスクリーンとなるように。

はじめてお会いした時はまだ赤ちゃんだった娘さん達も、いまやスタスタと
歩き元気な声でおしゃべりをするお姉さんに。
クライアントさんと少しづつ丁寧に積み重ねてきたすまいの計画、
現場も丁寧に着実に進めてゆきたいと思います。

Category
かこむ、暮らす。現場ブログ
Tag
2021.6.26

「豆と暮らしと」上棟式を執り行いました。

3間×11間の切妻屋根の架構が水平に伸びて行きます。

屋根を眺めるご主人と息子さんの一コマ、ご家族の大切な記憶になりますね。

お揃いのピンクTシャツを着て一礼、工事の無事を祈願します。

司会進行でのギャグがいまいちでスベリ倒した監督Kさん(笑)
にも帰り際に娘さんからお土産が。

家に帰ってお土産を開いてみると、なんとono設計室と工務店さんの
コラボパッケージの焙煎豆が!
こういうひと手間がとても嬉しく身に沁みます。
大切にゆっくりと飲ませて頂きます。

Category
現場ブログ豆と暮らしと
Tag