ブログ

インテリア検討スケッチ
2018.11.5

建築の計画がはじまりプランの方向性が見えてくると、内部の検討の
ためスケッチを描いてみます。
模型を作るよりも手早くできるし、家具や照明の配置、庭と窓のとり
方などスケッチを描いてみるとおおまかにつかむ事ができます。
クライアントさんに説明する時も立体的に提案できるので喜んで貰え
る事が多いです。
何よりもこうして検討スケッチの線を走らせ、まだ見ぬ空間を手探り
しながら手を動かしている時間は設計という仕事の醍醐味を感じる至
福の時間です(^^)


Category
手描きスケッチ
Tag

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。