ブログ

村上春樹短編集「めくらやなぎと眠る女」
2018.9.17

村上春樹さんの短編集、
村上さんの本の中に書かれている日常のさりげない場面での心の揺れ、
自分もその場面、感情は手触りとして知っていると感じます。

「ずっと昔に聞いた雨の音のように、彼のどことなくぎこちない一挙
 一動が僕の心になじんだ。・・・」

読書の秋、喫茶店へ出掛けてコーヒーを飲みながら一日読書三昧なん
てのも乙ですね。


Category
Tag

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。