ブログ

サンタのマトリョーシカ
2017.12.25

今日はクリスマス、なんだかあっという間の一年ですね。
上の写真は益子の古道具やさんでみつけたサンタさんの
マトリョーシカ。
入れ子構造になっていて開けるちっちゃいサンタのおじ
さんが繰り返し出てくるおなじみのやりくち、分かっち
ゃいるけど楽しいです(^-^)
建築でも「入れ子構造」といえば毛綱毅曠さんの「反住器」
や家のなかに都市がある「原邸」などを思い出します。
また古い民家の石垣→庭→縁側→座敷といった流れも入れ子
近い形態、囲いを何重にも重ねる事でグラデーションのある
空間を生み出す、素敵です。
マトリョーシカから建築論へ、職業病もいいとこですね(笑)
今年もあとわずか、一日を大切に重ねてゆきましょ~~!


Category
身の廻りのモノ
Tag

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。