ブログ

堀商店の金物~ふしぎなかたち~
2017.12.15

玄関や開き戸のドアノブ、丁番などに使う堀商店の金物
建具工事の現場でいつもその形のうつくしさに見とれて
しまいます。

新進気鋭のデザイナーがやりました!というようなシャープ
さ、奇抜さはなく、どちらかというと地味で懐かしいような
形、簡素でありながらシンプルとは違いどこか人の手を思わ
せる暖かさを感じます。

これと同じような思いを柳宗理さんのカトラリーをはじめて
見た時も感じました。
柳さんは図面を引かずに粘土模型を自分の手で捏ねながら形
を決めていったと何かの本で読んだときになるほどなぁ・・
と納得しました。
「簡素でありながら滋味深く品のあるうつくしい佇まい」
そんな住宅を設計したいなぁと日々思っております(^-^)


Category
その他
Tag

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。