ブログ

2017.8.1

「春霞の家」現場です、今回は断熱工事の様子です。
意匠的な事にももちろんこだわっているのですが、今回の物件ではUA値
など断熱、気密も重視しています。
基本設計の段階から外皮性能計算をしながら開口部の大きさなどを決めて
行きました。

断熱的に弱点となりやすい面戸板の部分や、下がり壁、出窓部分など
一カ所一カ所丁寧に断熱施工を進めて貰っています。
地味な作業ですがこの積み重ねが、意匠だけでなく空気環境を含めて
の居心地の良さに結びつくはず!
性能の面においても自分なりの基準を決め、その基準をクリアする
ように設計をすると、なんだか建物の背骨がビシっと通ったような
感じ(笑)がして気持ち良いですね。


Category
春霞の家現場ブログ
Tag