ブログ

2016.12.17

%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%88208%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%81

ホテリ・アアルトで宿泊した208号室の実測スケッチを描いてみました。
この部屋最大の特徴は”くびれた”プランです、これはこのホテルが新築
ではなくリノベーションだからこそできた空間。
既存の建築にあったエレベーターを避けるためにできた”くびれ”だと思
われますが、それがプランにとってマイナスにはならず、むしろ豊かな
空間となってあらわれる、リノベーションの魔法ですね!(もちろん設計
力のなせる業)
このプランのエレベーターシャフトの部分を中庭にしたり、吹抜けに
すれば新築のプランだとしてもとても心地よい場所がつくれそう。
ホテリ・アアルト奥が深いです!

Category
手描きスケッチ
Tag