ブログ

2016.6.29

ボビーフィッシャー

小さな男の子がチェスを通じていろいろな出会いをしてゆく物語、
伝説のチェスの世界チャンピオン ボビーフィッシャーに憧れ主人公
のジョシュにその姿を重ねようとする大人達、ジョシュを演じる男の
子が本当に愛らしく話に引きこまれます。
丁寧につくられた大好きな映画の一つです。


Category
映画・絵画
Tag
2016.6.27

IMG_6694

ホタルハガキ

笠間にある北山公園へ息子達とホタルの観察会へ行って来ました。
実は僕自身もきちんとホタルを見た記憶がないので今回の企画は
とても楽しみ
夜の公園を歩いてゆくと、暗闇をスーッ チカチカッと横切るホタル
の光の軌跡をたくさん味わう事が出来ました。
風流ですね~~、ビールがあればなおの事・・(笑)
毎年開催されているイベントのようなので、まだ見ていない方は
ぜひおすすめのスポットです!


Category
季節
Tag
2016.6.24

IMG_6669

IMG_6672

つくばは「パンの街🍞」、美味しいパン屋さんがたくさんあるとの事。
僕はまだあまりお店を知らないのですが、たまたま通りかかった
モルゲンさんへ行ってみました。
子供の頃好きだったブタパン、カニパンを見つけたので早速購入(笑)
お店のすぐ裏にある洞峰公園でのんきに頂きました、パンも美味しいの
ですがロケーションもとても良いお店でした!


Category
Tag
2016.6.22

IMG_6634

3月に京都を旅行した際に注文した村上開新堂のクッキー、やっとこ届きました!

IMG_6640

老舗の洋菓子やさんとの事から昔ばあちゃんの家で食べたような素朴な味かなと
想像していたのですが、とても品のある洗練されたお味 
さすが京都の洋菓子屋さんですね。
戸棚の奥にこっそりと隠して食べたいタイプのクッキーでした(笑)


Category
京都・奈良
Tag
2016.6.20

海よりも

映画「海よりもまだ深く」を観てきました
是枝監督の映画に出てくる人はみんなどこか少し欠落を抱えていて、思い通りに
ならない日々をごまかしながらもなんとか過ごしていく。
そんな人々の一日を丁寧に掬い上げた映画だからこそ共感するのだと思います、
樹木希林 池松壮亮 の演技がとても素晴らしかったです。


Category
手描きスケッチ映画・絵画
Tag
2016.6.17

IMG_6560

ルノワール展の帰りにTOTOギャラリー間も「三分一博志展」へ

IMG_6568

IMG_6564

IMG_6563

建物自体の設計というよりはとことん敷地をリサーチしたうえで風や太陽など
「動く素材」にこだわる三分一さん独自の建築。
「地球のディテール」という言葉が印象に残りました。


Category
その他
Tag
2016.6.15

IMG_6553

IMG_6558

六本木 国立新美術館で開催されている「ルノワール展」を見てきました。
後期の絵はあまりピンときませんでしたが
「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」は見ているだけで当時の人々の
生きる喜びが伝わってくるような素晴らしい絵でした!


Category
映画・絵画
Tag
2016.6.13

荻野さん

月1回池袋の自由学園で受講している住宅デザイン学校、今回のゲスト講師は
造園家の荻野寿也さん。
「設計者は敷地につくとまず使える緑を探す、そしてここに開口を絞るべき」
「アオダモなど枝ぶりの繊細な樹は風で葉の影がゆれ、心地よいゆらぎを感じる」
など深い言葉がたくさんありました。

伊礼さん

伊礼さんからは「町と家のあいだを設計する」というお話
「やわらかな境界、ゆるやかなつながり」について、伊礼さんの故郷でも
ある沖縄の風景のスライドをみながらとても興味深い講義
「窓辺にはまだまだ楽しい設計の可能性がある」
自分なりに試行錯誤してみたいと思います!


Category
その他
Tag
2016.6.10

IMG_6099

つくばのパン屋さんに行った時にふと目についたのがこの場所。
ブロックの高さを一部抑えて上にデッキ材を置きベンチスペースとする事で、
木陰下の豊かなスペースを造り出しています。
ちょっとの工夫でちょっと素敵な場所をつくる、とっても良いです。


Category
その他
Tag
2016.6.8

IMG_6486

今年の2月にAmazonでポチッとしたTaschenの本「CASE STUDY HOUSES」
かなり待ちましたがやっとこ届きました!

IMG_6488

IMG_6489

IMG_6490

イームズの#8の計画案や実施案、一度は目にしたことがある写真のピエール・コーニッグ
の#22など豊富な資料でかなりボリュームのある本です。これで6千円ちょい、住宅好き
なら買って損はありませんね!


Category
Tag