ブログ

2014.7.29

鎌倉にある喫茶店「ミルクホール」

いわゆるオシャレなカフェではなく、壁の色が煙草の煙で良い感じにやけている雰囲気のある喫茶店。
10年ほど前にお店を知ってから鎌倉にくるとついつい脚を運びたくなるお店です。

店内になんともゆるくいい感じの絵が飾られているので聞いてみると ささめやゆきさん という方の絵だとの事。
煙草は吸わないけれど灰皿を買っちゃいました(笑)


Category
カフェ・雑貨
Tag
2014.7.26

椅子イラスト
お気に入りの椅子のイラストです。
ウェグナーのYチェア、ヤコブセンのセブンチェア、ジオ・ポンティのスーパーレジェーラ
そしてリートフェルトのレッドアンドブルー、みんなわが家でなでさすりながら使っています。
といってもレッドアンドブルーは1/5の模型ですが(笑)。
使い勝手が良く包容力のあるYチェア、素気なくシンプルでどんな場所でもやっていけそう
なセブンチェア、プライドが高く気品溢れるスーパーレジェーラ、といった感じで毎日使って
いるとそれぞれの性格がわかっておもしろいです!
模型しかないですがレッドアンドブルーはオブジェとしては美しい、座り心地は・・・(笑)
ですねきっと。


Category
手描きスケッチ
Tag
2014.7.25


庭と暮らしの本をもう一冊、住宅建築の永田昌民さんの特集。ずっと探していたのですがやっと見つける事ができました。
永田さんも「庭」を常に設計手法の大切な要素として考えていた方、多くの住宅設計者に影響を与えています。


Category
Tag
2014.7.25


庭と暮らす家の本。

本屋さんで立ち読みしたのですが、内部の美しい写真を見てすぐに買ってしまいました。
著者の村田さんは東京や神奈川のエリアを中心に活動されているので都市型住宅が多いのですが、立体的に重なる緑と室内の関係がとても魅力的です。
「(中略)こなしていく事が暮らしではさみしい。時間がない毎日でも、外の風景を目にすることができれば、花がほころぶ姿や雲の流れに気づき、ゆったりとした時間の流れや四季の変化を自然と意識できるだろう。ささやかな事だが、そういう気づきや意識をもてる事がとても大切だと思う。」
緑と暮らしのヒントがたくさんあるとても良い本でした。


Category
Tag
2014.7.25

つくばにあるインテリアショップ、ブラックボードさんに行って来ました。

店内にはハイセンスな雑貨・日用品や、
イギリスや北欧から買い付けてきたヴィンテージ家具が並んでいます。
欲しいものだらけです(笑)
カフェコーナーもあるので雑貨を眺めた後にまったりできます。

ストアマネージャーのHさん、インテリアや家具の造詣が深く、話していると勉強になるしとても楽しいです!デンマークのグルンドヴィークス教会の存在を教えてくれたのもこの方。
女性スタッフのSさんもいろんな事を知っていてとても親切!
週末はお二人ともいる事が多いようなので家具好き、雑貨好きの方週末にお出掛けしてみては、お勧めです!


Category
カフェ・雑貨
Tag
2014.7.24


僕の家具づくりの先生、ルークラフトの長谷川さん。
長谷川さんと話していると不思議と心が落ち着いてきます。

そんな師匠に北欧旅行の自慢話(笑)をしに一路石岡へ、工房はフラワーパークの近く緑に囲まれたなんとも良い所。

工房の扉をガラリとあけて
「こんにちは~!」と言うと
「いらっしゃーい」と長谷川さん。
椅子づくりで半年通った懐かしい場所です。 目の前には新作の椅子が、座面をペーパーコードで編んだ美しい椅子です。座り心地もバッチリ!
新しいレストランに40脚程おさめるとの事。

これは試作模型の「4本足の机」遊びゴコロのあるゆる可愛いつくえですね!


久しぶりに長谷川さんと四方山話をして満足(笑)、帰ろうとした所
「開所祝い、これもってきなよ」
とメープルで出来た三角チェアを頂きました。長谷川さんのアトリエにくる度に曲線がほんときれいだなぁ、と思っていた椅子なのでとても嬉しかったです。

1年前に一所懸命かいたゴッホの子供椅子の原寸図も頂きました、さっそく額に入れて飾っています。
住宅、家具、植栽の同時設計を理想とする僕にとって長谷川さんの存在はほんとに心強いです。
長谷川さん、またふらりと遊びにいきますね~!


Category
家具
Tag
2014.7.23

椿三十郎DL
黒沢明監督、三船敏郎主演の「椿三十郎」
テンポの良い展開と三船敏郎の余裕の演技であっという間に見終わってしまいました。
黒沢明、三船敏郎、仲代達也、この時代の俳優さんはホントに色気がありますね。
「用心棒」と合わせておすすめです!


Category
映画・絵画
Tag
2014.7.22


バービー・ハンコックのアルバム
「Maiden Voyage/処女航海」
洗練されたモダンなJAZZ、マイルスデイビスのメンバーでマイルスのポジションに若きフレディーハーバードを迎えています。
夏にも合うスッキリとした音のアルバムです!


Category
音楽
Tag
2014.7.18

茨城県立歴史館近く、水戸の緑町にあるノラズカフェさん、古民家を改修したレストランです。
ご主人がノラ・ジョーンズが大好きでノラズカフェという名前にしたとか。店内の落ち着いた雰囲気とノラ・ジョーンズの音楽が混ざり合い、なんとも心地よい場所になっています。

食べたのはパスタランチ、夏野菜のパスタでしたデザートを含め本当においしいランチでした。

何度かお邪魔してるので自分で設計事務所を始めた事を話すと帰る時に「がんばってくださいね~」と温かい言葉をかけて頂きました。
また遊びに行きまーす!


Category
カフェ・雑貨
Tag
2014.7.17

M邸
仲良くして頂いているMさんより家にアアルトのハイスツールが届いたとのうれしいお知らせが、洗面所にピッタリ!ギリギリ
(笑)おさまっています。恐るべしです。
RIMG1990_convert_20140717102411.jpg
Mさんのメールでユバスキュラで見たアアルト美術館を思い出しました。
RIMG1997_convert_20140717102646.jpg
RIMG1998_convert_20140717102826.jpg
アアルトの家具やプロジェクトが並んだ密度の濃い美術館です。アアルトがいかに建築空間と家具の関係を重視していたかが分かります、アアルトにとって家具と建築は切っても切り離せない関係だったのですね。
RIMG1994_convert_20140717102543.jpg
アアルトはまた手すりやドアの取っ手にも拘った建築家でした。手すりも一つ一つモックアップ(原寸大の模型)を作って検討したようです。つまり「手触り」建物を使う人が直接触れる部分をとても大切に考えていたのだと思います。
敬愛する中村好文さんも本のなかで
「私が大切にしているのが階段の手すりです。なせならその手すりを通じて、その家に住む一人一人と握手をしているような気持になるからかも知れません。」
と書かれています。「手触りの良い建築」素敵ですね!


Category
家具
Tag