ブログ

2018.9.9

先日クライアントさんとのハウスミーティングの中で話題に出たアンドリュー・
ワイエス、久しぶりに画集を開いてみました。
繊細でどこか不器用であたたかい、ワイエスの世界が広がっています。
農場に建つ姉と弟が暮らす家を描いた一連の作品があるのですが、とても魅力的
な絵です。
住む人と住まいが一体化し、共に孤高の物語を刻んでいるような・・・
空気が少しづつ透明感が増してゆく秋にぴったりの本です。


Category
映画・絵画
Tag
2018.7.30

アルフレッド・ヒッチコック監督の1959年の作品
2時間半弱の映画ですが、最初から話に引き込まれ飽きずに見入ってしまいます。
このころの映画は脚本が練りに練られているので力があります、どんなにCGが凄
くても10分も続けば飽きてしまいますものね・・・

なには置いて映画はストーリーと全体の編集が大切、
建築でいうと架構とプランニングでしょうか(笑)
丁寧に、骨身を惜しまずに作られた作品は今になっても力を持ち続ける、いや~~
映画ってホントに素晴らしいですね(^^)


Category
手描きスケッチ映画・絵画
Tag
2018.7.18

クリントイーストウッド監督の作品「THE 15:17 TO PARIS」
実際にフランスの高速鉄道内で起きた銃乱射事件を扱った物語で、
事件に立ち向かった3人の幼なじみの青年を中心に描いた作品。
イーストウッド作品は観終わると上質なドキュメンタリーを見た
ような感覚になります。

本作や「ハドソン川の奇跡」のような作品ももちろん好きなので
すが、初期の「許されざる者」のようなヒリヒリとえげつない程
のリアリティーをもった映画もまた観たいなぁ・・・と思ってし
まいます。


Category
手描きスケッチ映画・絵画
Tag
2018.6.5

是枝監督の新作「万引き家族」を見に行きました。
家族というものの不思議さや怖さを感じさせてくれる映画です。
僕のような40代はすくすくと成長してゆく子供と、老い行く両
親に挟まれ、自分の立っている場所をあらためて思う機会が多
いもの・・この映画にはいろいろと感じる事がありました。

是枝監督の映画はいつもみんなで料理をし食卓を囲む場面がで
てきます、それがたとえカップラーメンだとしてもそこには家
族の風景があり、その空気感は僕もよく知っているものでした。
大好きな人と夕食を囲み、一緒に毛布にくるまって寝ればそこ
はどんなにボロっちくても「家」になるんですね。
「家族」本当に不思議なものです(^^)


Category
手描きスケッチ映画・絵画
Tag
2018.5.31

いろんな映画監督のお気に入りの作品として名前が上がる
スタンリー・キューブリック監督の「博士の異常な愛情」
原題は
「博士の異常な愛情または私は如何にして心配するのを止
めて水爆を愛するようになったか」
題名からして尋常じゃないですね(笑)
俳優ピーターセラーズが演じたストレンジラブ博士の怪演
はその後の「いっちゃってる人」を演じるうえで一つの雛
形になったのではないでしょうか。

僕がこの映画を好きかと聞かれたら素直な感想として
「う~~ん・・・」といた感じ
キューブリック監督の作品は「2001年宇宙の旅」や「時計
仕掛けのオレンジ」なども観終わって良い映画だったなぁ
~~・・などと感傷に浸る事は全くなく(^-^)
観終わってなんだかモヤモヤが胸に残る映画。
それこそキューブリック作品の醍醐味なのでしょう。
そういえば遺作となった「アイズワイドシャット」もやっ
ぱり「う~~ん・・・」でしたね(笑)


Category
手描きスケッチ映画・絵画
Tag
2018.5.9

俳優ハリー・ディーン・スタントンの遺作となった映画「LUCKY」
スタントンさんといえばヴィム・ヴェンダースの映画「パリ・テキサス」
での主演が思い出されます、学生時代いろいろとあった頃(笑)に「パリ・
テキサス」をみて救われたような気持になった事を思い出します。
この映画「LUCKY」も90歳の気難しい老人の淡々とした日常を描いている
ものなのですが何度も目元が危うくなりました、ラッキーの友人として出
演しているデヴィッド・リンチも良い味出してます。
観終わったあと「良い映画だったなぁ・・」と思わずつぶやいてしまう、
そんな素晴らしい映画でした。


Category
手描きスケッチ映画・絵画
Tag
2018.5.3

上野の国立西洋美術館へ「プラド美術館展」を見て来ました。
ちょうど建築史でバロック様式を習ったのでその頃の絵画はどんなん
だった?
との好奇心から、西洋の美術は、建築・美術・音楽が全て連動して進
んで行くので分かってくるとなんだか楽しいです(笑)

今回のおめあてはスペインバロック期の巨匠ディエゴ・ベラスケス
この展示会にはもちろん他の有名な作家の作品も並んでいるのですが、
ひときわ抜きん出ているのがベラスケスの絵、
構図といい色彩といいシャープでモダンで颯爽とした絵画、バロックと
いう響きとはちょっと違う別格の絵でした。
才能がずば抜けているというのはこういう事、と体で理解する事ができ
ました。
教科書の写真で見るのと実物をみるのではこんなにも印象が違うのです
ね、建築も絵画も足を運んで実物を見ない事には始まらないぞ!
これからもいろいろ見てやろうと改めて思った夜でした。


Category
映画・絵画
Tag
2018.4.14

アルフレッド・ヒッチコック監督の映画「めまい」
高所恐怖症になり警官を辞めてしまったスコティ
ある日学生時代の友人エルスターに彼の妻(死人の亡霊に取りつかれた)
マデリンを調査するよう頼まれ、彼女を追跡してゆくうちに・・・
という物語。
途中までは良く練られたサスペンス映画といった感じなのですが後半は
少し偏執的な物語へと変わってゆきます。

一度見始めるとぐっと引き込まれてしまう映画でマデリンを演じたキム
・ノヴァクがとても魅力的でした。


Category
映画・絵画
Tag
2018.4.2

ジム・ジャームッシュ監督の映画「パターソン」
ニュージャージー州の街で何気ない日々を送るバスの運転手の物語。
アダム・ドライヴァー演じる運転手兼詩人の主人公のマイペースさ、繊細さ
が伝わってきてとても好感がもてます。
映画のなかに差し込まれる「詩」も情感があり印象的です、また同監督の
「ミステリートレイン」に出演した永瀬正敏も終盤に出てきます。

ジム・ジャームッシュ監督の映画は学生の時に良く借りて観ていたのですが
力の抜けた心地よい気だるさがなんとも心地良く、映画を観終わると少しだ
け自分のペースを取り戻せたような気持ちになります。
バタバタとする春が苦手なマイペースな人(笑)にお勧めの映画です。


Category
手描きスケッチ映画・絵画
Tag
2018.3.7

岩井俊二監督「四月物語」
春が近づいて来るとなぜだか見たくなる映画、時間も
短くサラッとした映画なのですが、自分が学生だった
頃の記憶や街の空気感を思い出させてくれます。
松たか子さんの初々しい演技が素晴らしいです。


Category
映画・絵画
Tag