ブログ

2019.3.20

名作住宅トレース、今回は吉村順三さんの「国際文化会館住宅」
坂倉準三、前川國男、吉村順三が共同設計した「国際文化会館」に隣接する館長、
副館長のための住宅ですが残念ながら現存せず。
1.5寸勾配のスカッとした表情の木造モダンのファサードが少しずれながら2棟
並ぶ姿が美しいです。

構成は総2階(50坪程度)の2棟が中央の女中棟で連結されるというもの。
写真の外観からはもう少し小ぶりな大きさかと思いましたがトレースして
みるとゆったりとしたプランニングであることが分かります。
間仕切りの建具を全開放としてレセプション時の利用も想定していたよう。

女中室、それぞれの棟のキッチンからバックヤードへの動線の捌き方が絶
妙です、吉村さんの設計はいつもこうした実際の生活への視線、愛情を感
じます。

断面を見ると南面の軒高は5400と低く抑えられ、内部は真壁と大壁併用の
独特のインテリア、よく見ると1階の張り上端はバラバラで天井裏のフトコ
ロがほとんどありません。

素材も屋根垂木の下にアルミ箔を張り付けていたり、三井ボードなる新建
材?を使っていたり、窓下にラジェーターグリルをつけたりトータルにいろ
いろなチャレンジをしているのが分かります。

同じ建築家のトレースを何件か続けているとその建築家のくせのようなもの
や、何を大切にして設計を組み立てていたのかが段々と分かってきます。
今後も名作住宅トレースで学んでゆこうと思います!

Category
手描きスケッチ
Tag
2019.3.2

エスキスとは設計における「下書き」や「スケッチ」を指す言葉。

プランニングの依頼を受けるとまず敷地へ脚を運び、日照や通風、眺望など
の環境的な条件と、建蔽率や道路斜線など法規的な条件を把握します。
敷地の条件を把握したらクライアントさんの要望、予算をもとにエスキスに
取りかかります。

まとまった時間の取れる日に1/200の敷地図をトレーシングペーパーの下に
挟みいそいそと線を引き始めます。
下絵なので細かい点や紙の汚れは気にせずにとにかく手を動かし線を重ねて
ゆきます。

敷地への屋根の佇まいや、開口部が切り取る風景をイメージしながら複数
案をまとめてゆくと自分の手が敷地に馴染んでゆく感じがします。
7・8案書いてみて、これならいけそうという1・2案をブラッシュアップし
てゆくという感じです。

この敷地図の上に何度も線を重ね手を練ってゆく作業を繰り返すと、敷地の
持つキャラクターや、消去法を経てその場所にふさわしい形、佇まいがみえ
てくるような気がします。
これはいきなりCADではだめで、やはり鉛筆で紙に・・でないと掴めない
感覚だと思います。
それに自分のアイデアを紙に書き込むという作業は単純に面白いですしね(笑)
「眼を養い手を練れ」この言葉を胸に今日も設計に励みます。

Category
手描きスケッチ
Tag
2019.2.28

京都左京区にある「詩仙堂」
江戸時代の文人、石川丈山の山荘跡との事。

階段を奥に進んでゆく魅力的にアプローチ空間を抜け、建物へ入り縁側を
歩いてゆくとサツキの大刈込の庭が全方向から視界に飛び込んできます。
庭と建物がスカスカに抜けているので東屋に佇んでいるような心持ち(笑)
水平に張られた床面と華奢な垂直の柱のライン、そこまでも横方向へ連な
ってゆく空間、日本建築ってモダンですね。

入口の脇にひっそりとある”おくどさん”もなんとも魅力的な造形、
撫でまわしたくなります!

帰り際にもう一度庭を眺めようとすると仲良く母娘の背中が並んでいました。
男親子ではなかなかできないので少しうらやましいですね(笑)

Category
京都・奈良手描きスケッチ
Tag
2019.2.16

京都の高山寺石水院へ行ってきました。

京都駅からバスで小一時間ほど、栂尾の山中に佇む古刹。
日本最古のお茶園や「鳥獣戯画」など建築以外にも見どころの多い
お寺です。

来て良かったなと思ったのは畳の間からこの風景を眺めた時。
遠くに広がる山々の風景ももちろん良いのですが、少し武骨な
部材で風景を切りとる開口部のプロポーションが最高でした。

一間の幅に高さ1900㎜の開口、少し武骨な柱がまた良いのですね。
やはり設計の本質はプロポーション、実際の寸法をどう抑え決めて
ゆくかなのだなぁ・・・とあらためて感じた建築探訪でした。

Category
京都・奈良手描きスケッチ
Tag
2019.2.9

「コノジの平屋」の基本設計図納品させて頂きました、
クライアントさんの要望に沿ってゆったりとした坐りの良い
プランになりました。

図面を立体的な模型に移しててゆくのはいつも愉しい作業です。
模型が出来上がると頭の中でクライアントさんより先にお家にあがり、
ブラブラと家じゅうを歩き回ります(笑)

帰りがけにクライアントさんから嬉しい(美味しい)頂きもの!
週末の雪を眺めながら喉を潤します。
小野を信頼し、仕事を頼んでくれたという事が僕にとって1番の報酬
そしてビールが2番目の報酬(笑) Wさまおいしく頂きます、
ありがとうございました(^^)

Category
手描きスケッチ計画案
Tag
2018.12.22

ピアノ室とガレージを持つ平屋の住まい「・既存の母屋との関係
・南側の庭へと抜ける視線」を留意してプランニングを進めます。
敷地を見に行った後にまずは素直に解いてみます、その後ガレージ
、ピアノ室、住宅部分のブロックを動かしながら最適なプラン、
骨組みを探ります。
あーでもないこーでもないと7~8通りのプランを描くと段々と
その場所にふさわしいプランの佇まいが見えてきます。

最終的には東側へガレージを張り出したコの字のプランへ落ち着き
ました。
母屋からの視線を防ぎつつ南へ抜ける庭を楽しむというコンセプト。

母屋からの視線を防ぎつつ南へ抜ける庭を楽しむというコンセプト。
プランがつかめたら1/200の模型で立体的にボリュームの確認、
正方形の部屋がつらなってゆく坐りの良いプランが描けました!

Category
手描きスケッチ計画案
Tag
2018.12.15

造園家、荻野さんが植栽を手がけられた「ホテルザセレスティン京都祇園」へ、
良い空間を設計するためには良い空間を経験し、自分の中に蓄積してゆくしか
ありません。
少しお高めの宿泊代ですが、自分の芸(設計)の肥やしになると思えば
なんのその!
今回泊まったのはこのホテルの中ではこじんまりとした部屋。
ただ置かれている茶器や浴衣のセンスの良さや、心地よい照明の配置、
リートフェルトの建築のように脱衣室を分けるスライディングウォール
などたくさんの見所がありました。

そしてなんといっても荻野さんの庭が最大の見せ場、
夜月明かりのように上から降りてくる光に照らされてゆらゆらと揺れる
コハウチワカエデの美しいこと。

設計者にとって空間を体感するのはお寿司屋さんがネタを仕入れるような
もの、お財布と相談しながら今後も良い空間を体感して行きたいです!

Category
京都・奈良手描きスケッチ
Tag
2018.11.10

初めてウォン・カーウァイ監督の映画を見た時にその斬新な手法と
醸し出す独特の世界観に「こんな撮り方があるんだ」と心を動かさ
れたのを覚えていますが、この「アイスと雨音」で久しぶりにその
感覚を味わいました。
演劇の本番へ向けて葛藤する6人の若者の情景を72分ワンカットで
描いた作品。
役者さんの表情や現場の臨場感を伝えるカメラワークが素晴らし
いです。
若さゆえの持て余す程の熱、焦燥、楽天的な態度、
ザラリとした苦い手触りを思い出させてくれる映画でした。

Category
手描きスケッチ映画・絵画
Tag
2018.11.5

建築の計画がはじまりプランの方向性が見えてくると、内部の検討の
ためスケッチを描いてみます。
模型を作るよりも手早くできるし、家具や照明の配置、庭と窓のとり
方などスケッチを描いてみるとおおまかにつかむ事ができます。
クライアントさんに説明する時も立体的に提案できるので喜んで貰え
る事が多いです。
何よりもこうして検討スケッチの線を走らせ、まだ見ぬ空間を手探り
しながら手を動かしている時間は設計という仕事の醍醐味を感じる至
福の時間です(^^)

Category
手描きスケッチ
Tag
2018.10.31

週末の息子と料理、今回は男子料理の基本チャーハン!
僕も高校生の頃に初めて覚えた料理がチャーハンだったと記憶
してます。
材料もシンプルで手早くできる、チャーハンを覚えたら一人暮
らしも少し安心(笑)

卵は溶かずにフライパンへ入れ、ネギとごはんと鍋肌にギュッと
押してはほぐしの繰り返し。

熱いうちにハフハフと頂きました!

Category
手描きスケッチ料理
Tag