ブログ

2018.7.23

設計仲間のSさんに遠藤新設計の「加地邸」見学会の機会を設けて頂きました!
遠藤さんは建築家フランク・ロイド・ライトの高弟、ライトの設計手法を受け
継いだ濃密な空間を設計されます。

建物は山の中腹に建ち、自然の傾斜を生かしたスキップフロアの構成、
リビングを中心としたL型のプランニングとなっています。

玄関横にある外部のテラス空間、2mに抑えられた低い天井と分厚い大谷石
の壁で囲われた空間がとても心地よいです。

サンルームにある可愛らしい家具達、家具のスケールを縮める事で部屋が
広々と感じます。

上を見上げると空を切り裂くように走る軒先のシャープなライン
今回の見学で気になったのは「寸法の抑えかた」
階段の腰壁 700mm 階段の蹴上 160mm 椅子の座面 230mm
寝室からバスルームへの扉幅 580mm
普段の設計ではなかなかでてこない寸法、ライト流の華麗な装飾
に目が行きがちですが、あの空間の雰囲気はこうした絶妙な寸法
の抑え方にあるのだなぁ・・と感じ入りました。
やはり設計者は寸法、プロポーションの感覚とそれを図面上に落
としこむ能力が必須、今後も精進して行こうと思います。


Category
手描きスケッチ
Tag
2018.7.18

クリントイーストウッド監督の作品「THE 15:17 TO PARIS」
実際にフランスの高速鉄道内で起きた銃乱射事件を扱った物語で、
事件に立ち向かった3人の幼なじみの青年を中心に描いた作品。
イーストウッド作品は観終わると上質なドキュメンタリーを見た
ような感覚になります。

本作や「ハドソン川の奇跡」のような作品ももちろん好きなので
すが、初期の「許されざる者」のようなヒリヒリとえげつない程
のリアリティーをもった映画もまた観たいなぁ・・・と思ってし
まいます。


Category
手描きスケッチ映画・絵画
Tag
2018.7.16

飽きずに続けるホテルの実測スケッチ、
何回もやっているとだいたい寸法の検討がついてきますが、
ベットのサイズ(クイーン、キング)やカウンターの高さや
奥行き寸法の確認など基本的な寸法の復習にもなります。
今回はシャツなどを掛けるハンガーパイプの径(24mm)や高さ
(1720mm)パイプと壁の寸法(280mm)など普段の僕の設計寸法
とドンピシャだったので、「だよね~~」となんだか嬉しい(笑)
ただの変な人ですね・・・

この部屋は入口が側面についている事と、インテリアにこだわ
りが見えました。
椅子はイームズのアルミナムチェア(リプロか?)でスタンド
ライトは山田照明の色温度が変えられるもの。
普通のビジナスホテルでもデザイナーの椅子や照明を意識して
取り入れる時代になったのだなぁ~と感じました。


Category
手描きスケッチ
Tag
2018.7.7

朝の起きて事務所に着くとまずグールドのこのアルバムを聴く事が多いです。
ピアニスト・グールドが弾くバッハの音楽、
真っ白で透明な空間の中で、ほぼ数学といってよい正確さとテンポで子供の
ような無邪気さとともに音を紡ぎ出している様子がイメージできます。

雪の結晶のように純粋で無垢な音楽

グールドを聞くまではクラシック音楽とはほぼ無縁だったのですが、
このアルバムにはすっかりはまってしまいました。
朝におすすめの音楽です。


Category
手描きスケッチ音楽
Tag
2018.6.18

住宅の水廻り、洗面脱衣室や家事室にはたくさんのモノが集まります。
洗濯機や洗面台、下着やタオル、掃除機や洗濯ばさみ、体重計やシャン
プーの詰め替え用のものなど・・・
きちんと収納場所を検討してやらないと散らかり放題の部屋(笑)になっ
てしまいます。

このような場所はプランだけでは良く空間が把握できないので簡単な
立体スケッチを描いて検討します。
立体で描くと上下の収納の使い分けや、鏡などとフラットに収納を収
めるにはどうすれば良いかなど感覚的に理解する事ができます。
またクライアントさんに説明する時も言葉を重ねるよりスケッチ1枚
の方が伝わる事が多いです。

水廻りや収納は住宅の縁の下の力持ち、地味な場所ですがここをきち
んと計画できるかどうかが住み心地に直結して来ます。
こういった「暮らしを支える場所」こそが設計者の腕の見せ所!
そう信じて今日もスケッチを重ねます(^-^)


Category
手描きスケッチ
Tag
2018.6.16

正方形に屋根の掛かった4つのブロックが連結された「シャピロ邸」
ルイス・カーンの1950年代の設計手法がよく表れた住宅です。
50年代のカーンの設計を見ると突如「正方形」がプランの骨格として使われる
ようになってゆくのが分かります。
これはカーンが「リビングルーム」「ダイニングルーム」などという名前のつ
けられた部屋を嫌い、そもそも人がくつろぐ空間とはどうあるべきか、食事を
する空間とはどうあるべきか、空間を根本から問い直そうとしたしたからです。
その時に拠り所としたのが幾何学「正方形」
「食うところ」「寝るところ」など空間の用途を分けたうえでそれぞれの用途
にひとつの正方形スペースユニットが割り当てられる。
その空間単位を連結させていくことで建築を構成してゆくという設計手法です。

シャピロ邸のアクソメを描いてみると4つの同じ大きさの正方形のスペースユニ
ットで構成されている事が良く分かります。

カーンの40年代の住宅「ワイス邸」「ジェネル邸」などではプラン上ではリビング
ブロック、スリーピングブロックと分けられていましたが、屋根は全体を覆うよう
におおらかに架けられていました。
このシャピロ邸ではそれぞれのブロックで屋根が完結するため40年代の住宅とは
外観が大きく変化し、カーンの建築独特の佇まいが生まれています。
またユニットの四隅の中空柱にユーティリティを割り当てる「サーブド&サーバン
トスペース」という新しい概念も見ることができます。

「誰々の家」ではなく”HOUSE”という抽象的な概念をストイックに追い求めたカー
ンの姿勢が生み出したシャピロ邸、神殿のような神々しい雰囲気すら感じます。


Category
手描きスケッチその他
Tag
2018.6.5

是枝監督の新作「万引き家族」を見に行きました。
家族というものの不思議さや怖さを感じさせてくれる映画です。
僕のような40代はすくすくと成長してゆく子供と、老い行く両
親に挟まれ、自分の立っている場所をあらためて思う機会が多
いもの・・この映画にはいろいろと感じる事がありました。

是枝監督の映画はいつもみんなで料理をし食卓を囲む場面がで
てきます、それがたとえカップラーメンだとしてもそこには家
族の風景があり、その空気感は僕もよく知っているものでした。
大好きな人と夕食を囲み、一緒に毛布にくるまって寝ればそこ
はどんなにボロっちくても「家」になるんですね。
「家族」本当に不思議なものです(^^)


Category
手描きスケッチ映画・絵画
Tag
2018.5.31

いろんな映画監督のお気に入りの作品として名前が上がる
スタンリー・キューブリック監督の「博士の異常な愛情」
原題は
「博士の異常な愛情または私は如何にして心配するのを止
めて水爆を愛するようになったか」
題名からして尋常じゃないですね(笑)
俳優ピーターセラーズが演じたストレンジラブ博士の怪演
はその後の「いっちゃってる人」を演じるうえで一つの雛
形になったのではないでしょうか。

僕がこの映画を好きかと聞かれたら素直な感想として
「う~~ん・・・」といた感じ
キューブリック監督の作品は「2001年宇宙の旅」や「時計
仕掛けのオレンジ」なども観終わって良い映画だったなぁ
~~・・などと感傷に浸る事は全くなく(^-^)
観終わってなんだかモヤモヤが胸に残る映画。
それこそキューブリック作品の醍醐味なのでしょう。
そういえば遺作となった「アイズワイドシャット」もやっ
ぱり「う~~ん・・・」でしたね(笑)


Category
手描きスケッチ映画・絵画
Tag
2018.5.26

今週のインテリアデザイン科の授業ではパースの添景を描く
練習をして貰いました。
人・樹木・車のアウトラインを素早く描けるようになるため
めの練習です。僕がそうだったのですが添景を描けるように
なるとパースを描くのが楽しくなります!
今年の1年生は絵心があるようで一度教えただけであっとい
う間にマスターしてました、僕は何度も練習したのに(笑)
「パースっておもしろいな」と感じてもらえれば幸せです。


Category
手描きスケッチ
Tag
2018.5.22

実家のある千葉のホテルに泊まった時の実測スケッチ
もはやマンネリ化してきましたが、何度も繰り返してゆく
うちにまとめる時間がかなり早くなりました。(^-^)
また、スケールではかる前に目測で予想寸法を言ってみてから
実測をはじめます。
ひとりで「2メートル70!」などと言ってスケールを伸ばし
はじめるおじさん、怪しいったらないですね(笑)
最初の頃は寸法の誤差が大分あったのですが最近はずいぶんと
誤差が小さくなってきました。
絶対寸法感!を身につけるためにもとても良い訓練。

小さい頃釣りに出掛けた千葉港と京葉線の電車を眺める窓がと
ても良かったです。


Category
手描きスケッチ
Tag