ブログ

2019.5.18

千波湖を散歩していると「鷺」が水辺を歩いていました。
華奢なプロポーションでまるでティムバートンの映画に
でてくるキャラクターのよう。
自然のかたちのうつしさを堪能しました。

Category
その他
Tag
2019.5.14

週末に講師をしている学校のイベント「水戸デザインプロジェクト」に参加しま
した!
毎年違う「お題」がでてそれに対して全学年・学科を横断したチームで課題を作
成、競い合うというイベント。

今年のお題は「アンドロイド リレー」(笑)
茨城にふさわしいアンドロイドを制作し、そのパーツをバトンのように受け渡し
てリレーをするという設定。
意匠はもちろん走っても壊れない耐久性や、着脱のしやすい機能性も要求されます。

五月晴れの芸術館の芝生の上、風に吹かれながら段ボールを切り刻みます。
朝に「お題」がでておやつの時間には「発表」なのでなかなかハード ^^)

我が「先生チーム」はこころをいやすアンドロイドゆらぎちゃん

各チーム、コンセプトをたててみんなの前でプレゼンテーション

こちらは先生チームのリーダーふじたさん、
アンドロイドの丸っこいフォルムと黒いサングラスがばっちりきまっています。

このあとアンドロイドを装着してリレーをしたのですが先生チームはむきに
なって圧倒的なタイムをたたき出しました(笑)
学生時代に戻ったようななんともさわやかで楽しい一日となりました!

Category
その他
Tag
2019.5.11

照明の配灯計画にはとてもちからを入れています。
メーカーさんで照度計算をしてもらい必要照度を確保するのはもちろん
の事、どんな色の光を立体的な空間のなかにどのように配置してゆくか、
頭の中で、スケッチを描きながらなんどもスタディを重ねます。

建築家 吉村順三さんは
「照明器具が欲しいのではなくひかりが欲しいのだ」
というような言葉を残されていますが「ひかり」をうまく設計できると
空間の雰囲気がぐぐっと上質になります。
吉村順三さんや伊礼さんの本を何度も読んだり、実際の空間を体験しな
がら学んだ照明計画のコツのようなものを自分なりに覚えました。

・天井にむやみにシーリングやダウンライトをつけない。(天井の白い平滑な面が居心地を生む)
・「あかりの重心」を下げる、低い位置にオレンジ色のひかりを置くと落ち着きがうまれる。
・「あかり」とともに「くらがり」も設計する、空間にメリハリがつく

現場が竣工に近づくと、日が落ちるのをまっていそいそと現場に脚を運びます。
「うまくいっているかなぁ・・」とドキドキしながら
そして橙色のひかりに照らされた居心地の良い空間を確認するとほっとして体
で「あかり」と「空間」を味わいます。
コツコツと照明計画のスタディを重ねたご褒美のような時間です。

Category
その他
Tag
2019.5.2

あいにくの雨でしたが益子の陶器市へ
街全体が会場のような感じなのでぶらぶら歩くのがとても楽しいです。

お昼は豆カレー

とくにお目当てもないのですが家族で春にてくてくと、
それだけで十分楽しい(^^)
来年もまたこれると良いです。

Category
その他
Tag
2019.4.15

先週講師をしている学校の入学式がありました。
桜の季節に、晴れ晴れとした姿の新入生を見ると春だなぁと感じます!

僕が受け持っているのはプレゼンテーションの授業、おもにプレゼン
の作り方、パースの描き方などを教えています

昨年の生徒さんの最初の頃の提出課題と、最終の提出課題をみると明らかに
パースの表現がうまくなっていて感慨深いです。
今年もあらたな1年生を迎え、なにより楽しく授業を受けてもらえるよう
準備を進めたいと思います(^^)

Category
その他手描きスケッチ
Tag
2019.3.15

家族で水戸芸術館へ行って来ました。
「アートセンターをひらく」という催しが開催中、
普段は展示室となっているところがカフェになっており、コー
ヒーを飲みながら置いてある本を読んだり、工作をしたり・・・
まったりとした時間を過ごすことが出来ました。

考えてみればプリツカー賞を受賞した磯崎さんの空間でまった
りできるなんてなんとも贅沢な時間、ぜひ脚を伸ばしてみて下さい。

Category
その他
Tag
2019.3.8

東京ステーションギャラリーで開催されているアアルト展へ脚を運びました。

会場も昔の建物をうまく利用していてとても魅力的な空間です。

会場にはアアルトの計画案やデザインした家具、照明、そしてタイルや
ドアの取っ手まで展示されており見どころ満載です。

この展示会で一番惹かれたのがアアルトの配置計画と独特なプラン!
軸線をずらしながら扇状に配された平面計画はアアルトならでは、
普通の矩形ではアアルトの手が満足できず、鉛筆で線をずらしながら
放射状に紙に芯を擦り付けたらやっと腑に落ちた(笑)という感じ。
平面図自体の形態がとても魅力的でいつまでも眺めてしまいます。
東京駅の丸の内北口を出て10秒の会場、都内にお出かけの際には必見
の展示会です。

Category
その他
Tag
2019.2.20

これまた設計仲間のSさんより教えて頂いたNHKの番組、生活の中から生まれた
アノニマスな道具はとても魅力的。

僕は柳宗理さんのデザインが好きなのですが、柳さんのつくる”かたち”にどんなに
時代がたっても色褪せない魅力があるのは柳さんのデザインの根っこに脈々と繋が
る民藝の力があるからだと思います。

今週は松本の木工について、てしごと好きは必見です!

Category
その他
Tag
2019.1.26

設計の図面で「納まり図」「詳細図」というものがあります。
窓や家具などの細かい取り合いを書いたものなのですが、この図面に取
り掛かる時はじっくりと時間をとれる日を選びます。

縮尺が1/5とか1/2の大きさで書くのでスケール片手に実物の大きさをイ
メージしながら描いてゆきます。

細かい分ごまかしがきかずしんどいのですが、ある意味とても描き甲斐が
ある楽しい図面でもあります。

雨水はどこから抜けるか、隙間風をどう防ぐか、この高さですわり心地は
どうか・・・
すべて自分の体感的な感覚をもとに図面を描いてゆくので頭でっかちにな
らず「ものつくり」をしているなぁ・・と感じる事ができます。

僕は現場がお休みの土日にこの図面を書くことが多いのですが、シーンと
した事務所の中で金物のカタログ片手にコーヒーをすすりながら図面を描く
時間がけっこう好きみたいです(笑)

手触り、目触りをイメージしながらひとり図面に向き合っていると設計と
いう仕事の醍醐味を味わっていると実感します。

骨が折れる図面ですが今後もしっかりと向き合っていそいそと描き続ける
事ができればと思っております。

Category
その他
Tag
2018.11.12

先週とても嬉しい贈り物が届きました。
包装がとても美しく、あけられずに机に飾っておきました。
薄茶のシワシワの紙と緑のカード、そして表に添えられた
唐辛子の赤のきれいなバランス。
送り主、只者ではないな!(笑)と感じました。
クリスマスの贈り物もそうですが、プレゼントの包装がよい感じ
だと受け取る人のうれしさが倍増しますね。

一週間ほど眺めてくらし、ついに先日包みをオープン。
中身はなんとGD賞のお祝いのオリジナルバインダー!
表にはono設計室のロゴ、裏面には「春霞の家」のイラスト
遊び心あふれた贈り物のおかげでとても幸せな気持ちになりました。
ありがたやありがたや、大切に大切に使わせて頂きます。

Category
その他
Tag